福岡AGA治療まとめサイト

男性型脱毛症のAGAは、女性でも果たしてなる症状なのか?ここでは、女性のAGAについてご説明します。

RSS 2.0

女性もAGAになるの!?

AGAの女性バージョン、すなわちFAGAは、患者数が男性よりは少ないものの最近増加中です。

女性の脱毛症の半数程度になっており、20代は数パーセントですが、30代より発症する可能性が高くなっているそうです。

30から40代で1割半程、50から60代で2割半程、70代以上は30%超えとか。

近年は、薄毛に悩む女性は若い世代も増加しており、10代でも増えているそうです。

脱毛が重荷頭頂部や前頭部から始まって、後頭部や側頭部以外に抜け毛が拡大していく症状を持つ男性のAGAに対して、頭頂部が脱毛して周りに拡大して、生え際部分は保っている症状が殆どなのが女性のAGAなのです。

この女性AGAは、主として加齢に伴う女性ホルモンが少なくなり、男性ホルモンが上回る事が原因とされています。

男女関係なく男性ホルモンと女性ホルモンを体内で製造しているのが人間。

女性は、男性ホルモンが主として副腎内で製造され、それに伴い思春期に陰毛や腋毛が生えて筋肉が育ち、男性の10分の1位が血中の男性ホルモン値です。

しかし、加齢よって卵巣の機能が低下して、女性ホルモン分泌が徐々に少なくなり、従って男性ホルモンのが値が上回ってしまう故、女性AGAが起こり易くなる訳なのです。

ということで、FAGAになる人は閉経となる更年期辺りから増加とか。

でも、近年では社会でも活躍する女性が増えているので、それに伴うストレスや過度なダイエットが原因での栄養不足等になり女性ホルモンが減少し、若い年代の女性でもAGA にかかる人が増加しているようです。

こちらのサイト(http://www.infinititeletech.com/)にも様々な対策法が載っています。